忍者ブログ

保育士の求人・転職・キャリアどうする?

現役の保育士が、保育士の転職やキャリアについて考えてみました。今まであまり考えたことないな、という方も、カフェにいる気分で気楽にご覧ください。

カテゴリー「保育士 企業」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【優良求人】企業内保育園で働くということ

最近、保育士の転職の中でもNO.1人気を誇る転職先をご存知ですか?

それは企業内保育園です。事業所内保育所と呼ばれることもあります。

一体何だ?と思われた人にも簡単に分かりやすく、今回は企業内保育園の特徴などをご紹介したいと思います。

私は以前企業内保育園で働いていましたが、働き方や雰囲気はかなり自分の希望にぴったりだと感じていました。もちろん人によって感じ方は違うので一概には言えませんが、転職を考えている保育士さんは、求人をみているだけでなく一度見学か体験に行かれることをおすすめします。
保育園の募集のサイト<企業内保育園の募集もたくさん掲載されている転職サービスです>

企業内保育園ってなに?

求人を見ていると「企業内保育園なので働きやすいですよ!」という言葉を見たことはありませんか?
最近では、企業内保育園の求人も増加し、求人が出ると同時に募集が埋まってしまうということもあります。

企業内保育園とは、その名の通り一般企業のビル、または隣接する施設の中にある保育施設の事を言います。
この企業内保育園を利用する子どもは、企業で働いているお父さんやお母さんの子どもとなっています。

職場復帰を果たそうにも、保育園に入れず待機児童になってしまっている人は本当にたくさんいます。
そんなワーキングマザーの困った!を解消し、かつ、企業にも長く働いて貰えるというメリットを叶える為の施設なんですね。

いわば、社員への福利厚生の一貫にもなっています。

ワーキングマザーにしてみれば遠い保育園に入園させて、出勤前に時間をかけて預けるより、出勤と同時に預けられる保育園は嬉しいですよね。
そんなニーズの高い保育園が企業内保育園の特徴になります。

勤務時間は大体その企業の勤務時間に則しており、定時に帰れる所もあれば、そうでないところもあります。
企業内保育園には病院などの施設も含まれていますので、保育士だけど、夜勤があるといった勤務形態もあるので、注意が必要です。

これだけ働く側も利用する側もニーズの高い企業保育園ですが、実は問題点もたくさんあるのです。

企業内保育園のなかなか解決しない問題点

ニーズはあるものの、企業側としては費用や場所を確保するには負担が大きいのです。
助成金などの制度はあるものの、それでは賄いきれないのです。

助成金を受けるために、近隣の企業にも利用者がいないか?と募集を出すケースもあり、安定した運営にはまだまだ至っていません。

また、保育の面でも企業内保育園には問題点があります。
それは

・園庭がないところがほとんど
・預かる人数が少ないので集団生活を通した学びが少ない
・行事なども大々的なものが少なくやりがいがない
・利用する子どもの年齢はほとんど乳児

といったところです。
利用する保護者としても、3歳以上になると企業内保育所ではなく認可保育園などを探す傾向にあります。

それにはやはり園外で遊べないといったところや、行事などが少ないといった理由からでしょう。
こういった背景があるからの問題点とも言えますね。
PR

【優良求人】保育士が企業内保育園で働くメリットデメリットは

企業内保育園で働くメリットは?

前回は、企業内保育園というのがどんなものかご紹介しました。

ではこの保育士さんから絶大な人気を誇る企業内保育園で働くメリットは何があるのでしょうか?
 
それは

・企業の正社員という扱いになる
・アットホームな雰囲気で1人1人にしっかり関われる
・企業と同じ日が休日になる
・行事がないので残業がほとんどない

といったところです。
最大の魅力は、認可保育園では実現しない土日が完全休みという条件です。

企業の正社員なので、他の会社員と同じように勤務できます。
お盆休みもありますし、長期休暇になるところもあります。

GWなども企業によっては大型連休になる場合もありますね。
更に月給も、正社員と同じ水準ですので、20万円以上というところがほとんどです。

これに加えて賞与も頂けますので、働きやすい上に月給が多いということなんです。

企業内保育園で働くデメリットは?

これだけ好条件の求人なら今すぐにでも飛びつこう!と思っていませんか?
実は、デメリットもありますので、じっくり考えてからの方がいいですね。

デメリットは

・経営リスクが常にある
・勤務のシフトが変動的になることもある
・総合的な技術を求められる

です。

実は企業内保育園というのは数が毎年変動しています。
急激に増えたり、急激に減ったりを繰り返しているとも言えます。

これは経営側の見通しが甘く、作ったはいいけれどすぐに閉鎖してしまったという事例が少なくないからです。
こういった閉鎖になる時は突然決まります。

急に職を失う人も少なくありません。
また、企業によっては変則的なシフトで働かなくてはいけなくなります。

夜間に及ぶ場合、早朝になる場合など一般企業の正社員と同じ扱いではありますが、対応しなくてはいけません。
これは面接などのときにきちんと確認しておきたいですね。

更には、1人で異年齢保育をするということもあります。
総合的な保育のスキルが必要になる場合もあります。

1人1人ゆったり関われるのですが、こんな時はどうしたらいいのかな?!というのを瞬時に判断し、働かなくてはいけないのです。

企業内保育には魅力もありますが・・・

いかがでしたか?
企業内保育はニーズの高まりから、需要の多い求人でもあります。

働く環境も認可保育園のような激務とは縁遠いところにあります。
しかし、内情を見てみると、あなたの理想に遠い保育である可能性もあります。

求人を見ただけでは分からない、という人は面接に行った時にしっかりと話をしておきましょう。
でもその質問が何をすればいいか分からないという人は、保育士の転職サイトに登録してコンサルタントさんとしっかり対策を練るようにしましょう。
  

プロフィール

HN:
カフェ大好き保育士
性別:
女性
職業:
保育士
自己紹介:
保育士として働いています。休みの日のカフェめぐりが趣味。
何度か転職をして、ようやく「これだ!」と思うノウハウが身についてきたので、今までの失敗談もご紹介しつつ、保育士の転職やキャリアについて考えてみようと思います。

P R

Copyright ©  -- 保育士の求人・転職・キャリアどうする? --  All Rights Reserved

忍者ブログ[PR]