忍者ブログ

保育士の求人・転職・キャリアどうする?

現役の保育士が、保育士の転職やキャリアについて考えてみました。今まであまり考えたことないな、という方も、カフェにいる気分で気楽にご覧ください。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【いろんな求人】保育施設以外で保育士が資格を活かせる仕事は

保育士が活躍できるのは、保育施設だけではありません。
施設によって様々な特色があるので、キャリアアップを狙うためにあえて保育園以外に転職する・・・という保育士さんもいます。

それでは、具体的にどんな仕事があるんでしょうか?詳しく見てみましょう。


乳児院

2歳未満の乳幼児で保護者と生活が困難な子どもを養育する施設。


児童養護施設

乳児から二十歳までを対象とした、保護者との生活が困難な子どもを養育する施設です。
通常の保育だけでなく、精神面でのサポートなど保育士の範囲を超えた知識を身につけることができます。


母子生活支援施設

配偶者がいない母とその子に住まいを提供し、母子の自立した生活を促進することを目的とした施設。


盲児・ろうあ児施設

耳や目が不自由な児童を援助、自立が出来るように指導する施設です。対象は幼児~二十歳までです。視覚や聴覚の部分をサポートしながらどうやって適切な保育をするか、ということを勉強できます。


肢体不自由児施設

手足または体の機能に障がいがある子どもたちを養育する施設です。
介護と違い、子どもたちの成長をうながすために必要な関わり方を学ぶことができます。

自閉症児施設

自閉症の子どもの養育を目的とした施設で、12歳以下が対象となります。保育園で保護者の方から相談されることも多い、自閉症を抱える子どもの保育について深く学べます。


知的障がい児通所施設

知的行動に障がいを持つ18歳までの児童を対象とした施設。知的障がいのある子どもの保育方法や寄り添い方を学ぶことができます。


重症心身障がい児施設

手足が不自由か、それと同等の障がいを持ち、重度の知的障がいも持つ子どもを預かる施設です。


学童保育

小学校低学年を対象とした、放課後に保護者が仕事などで在宅できない児童を対象とした施設。
保育園ではみられない年齢の子どもたちの成長を支える知識が身につきます。


病児保育

保育所が預かれない感染性の病後、もしくは病気の自宅待機期間で保護者が仕事などを休めない時に預かる施設。施設型と訪問型があります。
子ども特有の病気についての知識や、こどもの健康管理方法について深く学ぶことができます。


ベビーシッター

依頼者の自宅などで子どもを預かり保育を行うこと。保育園や習い事への送迎など依頼内容は様々あり、対応力も必要となる。


まとめ

いかがでしたか。どの仕事も命を預かる大変な仕事ではありますが、保育士の資格がこれほど多くの仕事に繋がるのは実にすごいことでもあります。

ぜひ知識を深め、様々な仕事や施設に目を向けてみて欲しいと思います。
PR

【求人の幅】保育士がキャリアアップのために知っておきたい「保育士資格でできる仕事」

保育士資格を取ったら保育園や児童養護施設だけに絞って就職先を探していませんか?

保育士資格はとても幅広いジャンルでの仕事をすることが出来る素晴らしい資格です。

保育園では自信がないけど、他なら自分らしく働けるかもしれない。そんな保育園以外で就職したい人にオススメする保育士資格で就職が可能な仕事を紹介したいと思います。

新境地を開拓したい現役保育士さんやブランク期間がある保育士さんも必見ですよ。


基本中の基本、保育園の「公立」と「私立」

公立保育園

市町村といった行政が運営。職員となると各自治体の公務員になります。各勤務地内での異動がある、保育基準は各園共に一定といった特徴があります。

また勤務年数が長い職員も多いため、新人・中堅・ベテランという構図が各園でバランスよく配置されています。

私立保育園

社会福祉法人の他に株式会社の運営参入がスタートし、NPO法人の運営も増えつつあります。

公立の保育園に比べると保育の特色が強い傾向にあり、保護者がその保育指針に賛同して入園させる傾向が強いです。職員は年齢層が若い傾向があります。

私立であっても認可保育所であれば保育料は公立と変わらないのも特徴です。

いまさら聞けない「認可」「認可外」「認証」各保育所の特徴

認可保育所

国が定める施設の大きさ・配置する職員数・設備などをクリアして、各都道府県に認可された施設です。現在は小規模保育や家庭的保育事業なども対象となっています。


認可外保育所

設置基準の関係から国の認可を受けていない施設となります。サービスの特色を出すために敢えて無認可保育所のままでいる施設も少なくありません。

認証保育所

東京都が独自に制定した保育所です。基本は駅前に設置するA型、小規模だとB型と分けています。都民の保育ニーズに沿ったサービス展開が特徴です。


他の保育関連の仕事

意外と知られていないのですが、保育士資格をもっている保育士さんが活躍できるのは、保育園だけではありません。
ではそれ以外だと、どんな仕事があるのでしょうか?調べてみました。

家庭内保育事業(保育ママ)

3歳未満の子どもを有料で預かる保育施設(もしくは保育者)の総称。市区町村によっては実施していないところもあるので、まずは自治体に確認してみましょう。


認定こども園

幼稚園と保育園を合わせた施設です。待機児童問題などの対応を目的とした行政の新しい取り組みとして始まりました。なお、勤めるためには保育士と幼稚園教諭の両方の資格が必要となります。


企業内保育所

各企業が設置する、社員のための保育施設です。企業内や隣接する施設にあります。
最近は福利厚生の一貫として、託児サービスを行っている企業も増えており、保育士の活躍の場が広がっています。


小規模保育

0~3歳までの未満児を対象にした定員6人以上19人以下の少人数制です。子どもとじっくり向き合った保育がしたい保育士に人気です。


院内保育

企業内保育所と同じで、病院内もしくは隣接する施設に設置されています。ただしこちらの場合は不規則勤務の看護師などに合わせて夜間保育を取り入れているところもあります。その場合は夜勤などの不規則勤務となります。


高齢者施設併設

高齢者施設に保育所が併設されている。高齢者施設で勤める介護職のスタッフ向けの託児施設という目的もある。看護師や介護職など他職種との連携が求められます。


まとめ

いかがでしたか?

保育士資格をもっているというと、保育園で働く方が多いのではないかと思います。
それ以外にも、保育士資格を使って活躍できる仕事はたくさんありますし、様々な施設で経験を積んで最終的に保育園の運営に携わる、という園長先生もいらっしゃいます。

今後どのようにキャリアをつんでいくのか、という道筋を考えてみてくださいね。

【求人合格への道】保育士の面接で印象をもっとアップするためのテクニック

前回は、保育士の面接で気をつけることとして、外見とふるまいについてご紹介しました。

それ以外にも、面接の印象をぐっとアップさせるテクニックがあるんです。
それは、話し方と話す内容。

どちらがかけても、せっかくのあなたの魅力が半減してしまうくらい重要な要素なんです。
一度マスターしておけば、面接以外でも使えるテクニックですので、ぜひご覧ください。



好感のもてる話し方・声の抑揚

何かを質問されたら、はっきりと答えるようにしましょう!
こう助言されたことはありますよね。

でも、もう一度立ち止まって考えてみましょう。

面接官が聞いてきた質問、全ての答えを明朗快活に答えていいものでしょうか?
転職の採用試験ともなりますと、答えにくい質問も出てきます。

どうして前の保育園を辞めたのか?
あなたの短所はなんですか?
など、ちょっとマイナスイメージになりがちな質問も、はっきりと答えてしまうと、どうでしょう。

聞き取りやすさはありますが、情緒にかけますよね。
質問の答えをもう一度自分で考えて、このくらいの声量で相手が聞き取れるぐらいで、など色々なことに気配りをして面接を受けるようにしましょう。


話の内容

つぎは、面接において一番重要な話の内容です。

面接官が保育士の採用試験で一番確認したいこと、それは、「保育という仕事に対する情熱」です。

情熱がない人は、長く続けることもできません。
保育園側としても、採用したはいいけれどすぐに辞められてしまった、では困るのです。

長く勤める意思があることをしっかり伝え、あなただけが持っている魅力を最大限に伝える努力をしましょう。
この努力さえ怠らなければ、転職はきっと成功しますよ!


一番見落としがちなのは自己紹介!

面接対策をしていく上で一番見落としがちなのは、自己紹介です。
自己紹介というのはどの面接においても一番最初に聞かれる質問でもあります。

ありきたりな質問ではありますが、実は一番注目されている質問でもあるのです。

面接官はここで、あなたの名前と挨拶を聞いています。

きちんと挨拶はできるか?
目をみて伝えてくるか?
真摯な態度か?

そんなところをみています。

そこであなたが自信のない態度でいるとどうでしょうか?
きっと面接官は不安になります。

どんなに他の質問で素晴らしい自己アピールができても、自己紹介で躓いていては先に進めないのです。
自己紹介はこれまであなたが取り組んできたことをゆったり伝えるつもりで、面接官の目をみてじっくり答えましょう。

焦る気持ちは分かりますが、ゆったり構えて面接に臨むことで、あなた自身の落ち着きも取り戻すことができますよ。

【求人合格への道】保育士の面接で気をつけたい外見と振る舞い

保育士は今、人材不足で売り手市場です。
しかし、そうは言っても保育園側としては誰でもいい、というわけではありません。

少しでもいい人材を確保しようと一生懸命になっているのです。

どうせ、面接試験を受けるのなら採用されたいですよね!
そこで今回は、失敗しない面接対策として準備しておきたいことをご紹介します。



面接の基本は他の一般企業の面接と同じ!

基本的な所は保育士の面接であっても、企業の面接であっても変わりません。
見た目のきちんとしていて、信頼できそうな人物を採用したいと思います。

あなたがどんなに優れた保育士としてのスキルを持っていたとしても、基本をきちんと押さえていないと話にならないこともあります。
面接を受ける前に門前払いを受けることのないよう、基本をきちんと押さえていきましょう。

といっても、「基本がそもそも分からない!」という保育士さんもいらっしゃいますよね。私も最初の転職の時は、何を着て行ったら失礼なのか、というのが全然わからず、就活本を読み漁っていました。

今日は、「基本」として、外見とふるまいについて取り上げてみました。


外見・服装で気をつけたいこと

面接試験に行く時は、よく知っている顔なじみの所に遊びに行くのと同じでしょうか?
これは全く違いますよね。

きっと面接官とは初対面のはずです。
面接官もあなたには初対面です。

そこで、面接に来る常識的な服装でなかったらどう思うでしょうか?
あまり印象は良くありませんよね。

同じく、外見も清潔感を一番に考えて準備しましょう。
最初から「ああ、駄目だな・・・」と思われて採用試験を受けるより、「見所がありそうだな。」と思われる方が有利ですよね。


表情・態度・姿勢に細心の注意を

見た目をクリアしたら今度は話の内容になります。
ここであなたが気をつけることは、どうにかして面接官の印象に残る、ということです。

無愛想な保育士が魅力的に映る人はいません。
同じように、姿勢が悪く、座っている態度もだらしがない、となるとどれだけきちんとした格好をしていっても
「ああ、外側だけか。」と悪い印象が残ってしまいます。

「あはは」と笑い声を上げるのは場合によってはNGですが、真面目な話のときでも面接の受け答えをしているときでも、常に口角をキュッとあげていることで印象はかなりアップします。

人気の保育園に転職したいと思うのなら、笑顔と態度などにも十分に気をつけていかなくてはいけないのです。


まとめ

いかがでしたか?

外見は、事前に用意しておくことで当日慌てずに身支度ができそうですね。

振る舞いについては、普段の態度がどうしても出てしまいがちなので、常に笑顔でいるように鏡をおいて練習する、家族に指摘してもらうなどで普段から対策しておくのがよさそうです。

保育士の求人・転職で失敗しないためには【その2】

前回は、転職で失敗しないために気をつけたいポイントとして、3つご紹介しました。
まだまだ、気をつけたいポイントがあるんです。
今日は、のこりの3つについてご紹介いたします。



ポイント④ 「正社員登用制度の実績は?」

最初はどんな保育施設か分からないから・・・と臨時職員や契約職員として雇用契約を結んだとします。
将来的に、契約更新してくれるのか不安ですよね。

そこで、契約職員とかであっても、「正規職員登用あり」と求人情報にのっていたとします。
長く務めるのなら正規職員になりたいと皆が思うもの。

そこでこの求人に飛びついて良いのでしょうか?

実はもう少し考えた方がいいのです。
なぜかというと、実際に登用制度はあっても、本当に登用された人がいるとは限らないからです。

実際、どのくらいの割合で正規職員に登用されているのか、面接できちんと聞くようにしましょう。


ポイント⑤ 「残業なし!はなしじゃない!!」

保育士として働いたことがある人なら分かると思いますが、保育と言う職業は時間内だけではとてもこなしきれない仕事です。
しかし求人情報を見てみると、残業なし!と記載されている保育施設が増えてきています。

これをこのまま鵜呑みにするのは危険です。

残業はしなくていいかもしれませんが、代わりに「持ち帰りの仕事」や「休日出勤」をしなくてはいけない、というパターンもあるのです。
確かに、残業はありませんが、あなたのプライベートが削られることに変わりはありません。

また、あなたの勤務形態は「時間通りに帰って大丈夫ですよ。」と言われても、現場で働いてみると帰りにくい雰囲気、というのもあります。
他の保育士さんが忙しそうに仕事をしている中、あなた1人だけ帰ると言うのは、難しいですね。

保育士という職業を選ぶのなら、少しは残業があると考えた方がいいでしょう。


ポイント⑥ 「自分の目で確かめること!」

保育施設の面接に行く時、きっと採用担当者や園長先生と話をします。
どんなに雰囲気のいい人だったとしても、実際にあなたと共に働くのは他の保育士さんたちです。

園長先生といつも一緒に働く人はそんなにいませんよね。

そこで、実際の現場で働いている保育士さんがどんな雰囲気で働いているのか?というのはあなたが自分の目で見なくては分かりません。
面接に行った時に、保育施設全体の見学をさせてもらいましょう。

そこで

・笑顔で職員が働いているか?
・廊下などですれ違った時、挨拶を交わしてくれるか?

と言ったところを見ておきましょう。
この二つがない保育施設と言うのは「働きにくい職場」であることが多いですよ。


失敗しない転職先を見つけてください

転職を繰り返すことは、決してあなたにとってプラスではありません。
転職の回数と言うのは少なければ少ない方がいいのです。

是非、保育士の求人を見極めて、あなたが一番働きやすい職場を見つけてくださいね。
  

プロフィール

HN:
カフェ大好き保育士
性別:
女性
職業:
保育士
自己紹介:
保育士として働いています。休みの日のカフェめぐりが趣味。
何度か転職をして、ようやく「これだ!」と思うノウハウが身についてきたので、今までの失敗談もご紹介しつつ、保育士の転職やキャリアについて考えてみようと思います。

P R

Copyright ©  -- 保育士の求人・転職・キャリアどうする? --  All Rights Reserved

忍者ブログ[PR]