忍者ブログ

保育士の求人・転職・キャリアどうする?

現役の保育士が、保育士の転職やキャリアについて考えてみました。今まであまり考えたことないな、という方も、カフェにいる気分で気楽にご覧ください。

保育士の補助金ってどうやってうけとればいいの?

なんか、園にちゃんときいてみよーかな、、^^
PR

保育士の求人・転職に失敗しないためには【その1】

保育士として転職活動を始めたら、失敗しない転職をしたい!と思いますよね。
でも、きちんとした自分のビジョンというものを持っておかないと、こんなことなら、転職するんじゃなかった・・・。

なんて事にもなります。

そこで今回は、売り手市場の保育士であっても決して失敗しない転職先を見抜くポイントをご紹介しましょう!


保育士の転職ではこんなことに注意しよう!

もう、我慢できない!今よりもっともっといい職場で働いてやる!!

と意気込んで転職活動を始めたのはいいものの、よくよく見ていると、同じような境遇のモノや、極端に待遇のいい求人も見えてきますね。
こういったとき、あなたは何を基準に求人を比べますか?

保育士の転職で、実際にあった転職の例と言えば

・求人情報と業務内容にずれがある
・よくよく聞くと地域からも評判の良くない保育園だった
・保護者のクレーム対応ばかり

などです。
こういった職場関係のストレスと言うのは、なかなか解消しにくいですよね。

こんな転職をして新たなストレスをため込まないためにも、転職する時に気をつけるべきポイントがあるんですよ。


ポイント① 「勝手なイメージを持ってませんか?」

まず、皆さんすると思いますが、転職活動の入り口はまず求人情報を見るということです。
ここで求人情報を見て、自分の希望に一番近い求人を探していくんですね。

この時、求人情報には保育施設側にとって不利になる情報はあまり書いていません。
いいことだけを書いているので、この保育施設がとてもいい施設に見えてしまうんですね。

新しく綺麗な園舎で勤務、と書かれていれば、新築の保育施設だと思いますよね?
しかし、実際働いてみると、綺麗な園舎を保つために、掃除時間の割合が多い!ということもあります。

良い面の裏側には、もしかしたらあまり良くないことが多いのかもしれない、ということを考えながら求人情報を見るのが必要です。


ポイント② 「実際の雰囲気を確認しよう!」

求人情報で見えてくる保育施設の像と言うのは、なかなか実物とは違います。
そこで、実際に働いている保育士さんや職員がどんな雰囲気なのか?というのを確認する必要があります。

また同時に保育施設の保育方針や理念の確認も必要ですね。
ここであなたの理想の保育とズレがないかを確認しましょう。

実際の労働環境については求人情報では、決して分かりません。
口コミサイトを利用したり、実際に保育園見学などにいくのも必要です。


ポイント③ 「月給の額は手取りではない」

転職する理由を考えた時、今の保育園より向上したいと考えるはずです。
それは待遇も、環境も、月給も入っていますよね。

そこで求人情報を見てみると、月給には20万円からとなっていたりします。
今よりいいお給料をもらえる!と飛びつくのは危険です。

ここに書かれているのは「額面」での金額であり、税金や諸経費を引かれた後の「手取り」の金額ではないのです。
20万円貰えるから!と転職して、結局手取りは同じぐらいだった・・・というケースもあるのです。

また、もうひとつ給料のところで注意が必要なのは、賞与の額です。
採算が出なければ賞与は支払われません。

なので、必ずその金額が貰えるとは限らないのです。
これは賞与の欄が特に関係してきます。

「賞与4.5カ月!」なんて書いていても、前年の成績であなたが転職してから経営が上手く行かなければ、賞与の額は減るでしょう。


他業種に移りたいという保育士はどうすればいいの?
目線を変えて、単純に好条件好待遇を得たいという事であれば、看護師などの福祉系他業種を考えてみるのも良いです。なぜなら、

【参考サイト】
看護師・介護福祉士・保育士など資格過程、基礎を共通化
http://blog.goo.ne.jp/newnonasi8523/e/abf0d277f3d077b2b6a531fe886e7be9

というように、福祉系のお仕事の資格領域を統一しようという動きもあるため、
今後は業種をまたいで転職できる可能性が出てくるためです。
今のうちに、

【参考サイト】
>>>【看護師☆求人ひろば】看護師の転職は求人募集の情報力
>>>マイナビ看護師

といったサイトで求人相場を確認して、
『方向転換!』
に向けて資格準備を整えてみてください。
ちょっと古いですがw『職業選択の自由~♪あはは~♪』です。


まとめ
いかがでしたか?
保育士が転職を考えた時に、気をつけたいポイントはまだまだたくさん。
視野を広げて、損しない転職を成功させましょう!
次回は続きのポイント3つをご紹介いたします。

【優良求人】企業内保育園で働くということ

最近、保育士の転職の中でもNO.1人気を誇る転職先をご存知ですか?

それは企業内保育園です。事業所内保育所と呼ばれることもあります。

一体何だ?と思われた人にも簡単に分かりやすく、今回は企業内保育園の特徴などをご紹介したいと思います。

私は以前企業内保育園で働いていましたが、働き方や雰囲気はかなり自分の希望にぴったりだと感じていました。もちろん人によって感じ方は違うので一概には言えませんが、転職を考えている保育士さんは、求人をみているだけでなく一度見学か体験に行かれることをおすすめします。
保育園の募集のサイト<企業内保育園の募集もたくさん掲載されている転職サービスです>

企業内保育園ってなに?

求人を見ていると「企業内保育園なので働きやすいですよ!」という言葉を見たことはありませんか?
最近では、企業内保育園の求人も増加し、求人が出ると同時に募集が埋まってしまうということもあります。

企業内保育園とは、その名の通り一般企業のビル、または隣接する施設の中にある保育施設の事を言います。
この企業内保育園を利用する子どもは、企業で働いているお父さんやお母さんの子どもとなっています。

職場復帰を果たそうにも、保育園に入れず待機児童になってしまっている人は本当にたくさんいます。
そんなワーキングマザーの困った!を解消し、かつ、企業にも長く働いて貰えるというメリットを叶える為の施設なんですね。

いわば、社員への福利厚生の一貫にもなっています。

ワーキングマザーにしてみれば遠い保育園に入園させて、出勤前に時間をかけて預けるより、出勤と同時に預けられる保育園は嬉しいですよね。
そんなニーズの高い保育園が企業内保育園の特徴になります。

勤務時間は大体その企業の勤務時間に則しており、定時に帰れる所もあれば、そうでないところもあります。
企業内保育園には病院などの施設も含まれていますので、保育士だけど、夜勤があるといった勤務形態もあるので、注意が必要です。

これだけ働く側も利用する側もニーズの高い企業保育園ですが、実は問題点もたくさんあるのです。

企業内保育園のなかなか解決しない問題点

ニーズはあるものの、企業側としては費用や場所を確保するには負担が大きいのです。
助成金などの制度はあるものの、それでは賄いきれないのです。

助成金を受けるために、近隣の企業にも利用者がいないか?と募集を出すケースもあり、安定した運営にはまだまだ至っていません。

また、保育の面でも企業内保育園には問題点があります。
それは

・園庭がないところがほとんど
・預かる人数が少ないので集団生活を通した学びが少ない
・行事なども大々的なものが少なくやりがいがない
・利用する子どもの年齢はほとんど乳児

といったところです。
利用する保護者としても、3歳以上になると企業内保育所ではなく認可保育園などを探す傾向にあります。

それにはやはり園外で遊べないといったところや、行事などが少ないといった理由からでしょう。
こういった背景があるからの問題点とも言えますね。

保育士の求人・転職。職務経歴書や履歴書を書くときに気をつけるポイントは

保育士は転職時、といわれている今、転職を検討している保育士も多いのではないでしょうか。
もうすでに気になる保育士の求人に応募していて、これから面接・・・という人もいるかもしれませんね。

はじめての転職活動の時に悩むのが「履歴書」や「職務経歴書」の書類の書き方。転職を何回か経験されている方でも、意外とNGな書き方をしているものです。
あなたの履歴書・職務経歴書は大丈夫ですか?

今回は、職務経歴書や履歴書を書くときに気をつけるポイントをご紹介します。


※前回は、職務経歴書の具体的な書き方についてご紹介しました。これから職務経歴書を書く方は、ぜひ参考になさってくださいね。

気をつけたいポイント

「見やすさ」重視

手書きで作成することが多い履歴書とは異なり、一般的に職務経歴書はパソコンで作成します。そのときに気をつけたいポイントとして、職務経歴をアピールしたい気持ちを長文でまとめるのではなく、箇条書きなどを用いて、採用担当者が一目でわかりやすい書類にまとめることを心がけます。

職務経歴や取得資格は、上から下に向かって、時系列で記入していくと、見やすくまとめることができます。
また、用紙のサイズはA4、1~2枚にまとめると、採用担当者にとって読みやすい職務経歴書になります。

「過去の業務」は、詳しく記載する

勤めていた保育園の母体となる「社会福祉法人」などの法人名、保育園や保育施設の名称は省略せずに必ず「正式名称」で記入します。業務内容は、こと細かく記入することが求められます。

担任したクラスについては、何歳児クラスで何名だったのか、担任していた期間はどれくらいか、主任やクラスリーダーなどの役職についていたかなどをハッキリとさせたうえで、さらに主にどのような業務に携わっていたのかを記入していきましょう。

たとえば、「冬のお遊戯会では台本の作成、劇の構成を担当しました」、「年間を通してリトミック音楽教育に力を入れ、本物の楽器に触れたりダンスや英語を取り入れたりすることで、音から学ぶ教育に力を入れました」という形で具体的な業務内容を記入して、自分がこだわって取り組んだこととその経験をアピールしましょう。

転職した保育士の書き方を真似しよう

印象に残る履歴書、職務経歴書にしようと思うあまり、奇抜すぎる内容になっている項目はありませんか?
どんな内容を選べばいいのか迷ってしまう、という場合は、転職に成功した保育士の例を見たり、転職情報を掲載しているサイトを参考にしてみたりしましょう。

例えばこのような→保育士求人を載せているところもおすすめです。

実際に転職の先輩である保育士が、使って合格している「実例集」なので、「こんなこと言ったら失礼かも・・・」という心配をしなくていいのが安心ですよね。
同じ保育士として働いている人たちの実例集なので、自分と同じようなエピソードを持っていて、すぐに使えそうなものがたくさんありました。
自分の経験をどうアピールすればいいのかと悩んでいる保育士におすすめです。

履歴書や職務経歴書を書き上げたら

意外と忘れがちなのが「最後の見直し」。自分では完璧にかけたと思っていても、一度時間をおいて見直すと誤字があった!ということは多いんです。

ポイントは、「日を改めて確認する」ということ。書いた直後には気づかなかった微妙な言い回しや、小さな誤字に気づく確率がアップします。

となると、面接前日や当日にばたばた書類を準備するのはNGですね。余裕をもって、3~4日前には書き始めるようにしましょう。
しっかりと準備して自信をつけて、面接で堂々とふるまうことができれば、高倍率の求人でもきっと合格できるはずです。

【求人対策】差をつける保育キャリアのアピールとは?職務経歴書の書き方

履歴書を知っていても、意外に知らないという方が多いのが「職務経歴書」です。

職務経歴書とは、「今までどのような職場に勤めていたか」、「その職場では具体的にどのよう職務についていたか」を証明するための書類です。そのため、応募先がもっとも気になる情報を具体的にまとめた書類ということになります。

転職活動の場面では、ほとんどすべての保育園で職務経歴書を提出するように求められるでしょう。今回は、職務経歴書の正しい記入方法をご紹介します。どこにでも自信をもって提出できる職務経歴書にするため、気をつけるべきポイントを学びましょう。

 

職務経歴書には何を書くの?


タイトルは「職務経歴」

ポイントは、フォントを大きくして、タイトルを見やすくすることです。



日付

職務経歴書を提出する日付を記入します。

和暦(平成○○年)か西暦(20○○年)を決めるには、履歴書にあわせるといいでしょう。

 

氏名

これから書く住所や電話番号よりも、「少し大きめのフォントサイズ」にします。

 

住所

郵便番号を忘れず、都道府県から住所を記入していきます。

マンション・アパート名は、省略せずに書きましょう。

 

電話番号

日中でも連絡を取れる電話番号を記入します。

 

メールアドレス

「ドメイン拒否」設定をしていないメールアドレスを記入します。

このとき、携帯のメールアドレスでは、先方からのメールを受信できない可能性があるため、可能であれば「パソコンのメールアドレス」を記入するようにしましょう。

 

印鑑

横書きであれば、氏名の右側に押印します。

職務経歴書に押印する印鑑は、シャチハタを使わないようにしましょう。

 

職務経歴

上から時系列で記入します。

和暦または西暦については、提出する日付と同じく履歴書にあわせます。

例として…

「平成○○年 社会福祉法人△△入職 △△保育園入職」

「平成○○年 社会福祉法人△△退職 現在に至る」

というように書きましょう。

 

業務内容

職員規模、施設種類、経験、雇用形態の4項目を記入します。さらに、具体的にどのような仕事をしたのかについて、3行を目安にまとめて記入します。

例として…

【職員規模】80(法人全体)

【施設種類】認可保育園

【経験】3歳児クラス担任、4歳児クラス担任

【雇用形態】正職員

というような形式で、過去に勤めた職場について、順にそれぞれの業務内容を書きましょう。

取得資格

取得している資格を、取得した順に記入します。

例として…

平成○○年 保育士資格

平成○○年 幼稚園教諭1種免許状

というように書きましょう。

 

自己PR

勤めてきたすべての職場についてそれぞれ退職した理由と、これから応募する保育園の志望動機を記入します。

例として…

「出産をきっかけとして、以前勤務していた保育園を退職しました。子どもが2歳 になり、家庭が落ち着いてきたことから復職しようと決めました。以前勤務していた園では、子どもたちの音楽活動に力を入れ、楽器遊びや歌にあわせたダンス などをしておりました。楽器や設備が充実している貴園にて、ぜひ自分が培った経験を活かしたく、応募させていただきました」


  

プロフィール

HN:
カフェ大好き保育士
性別:
女性
職業:
保育士
自己紹介:
保育士として働いています。休みの日のカフェめぐりが趣味。
何度か転職をして、ようやく「これだ!」と思うノウハウが身についてきたので、今までの失敗談もご紹介しつつ、保育士の転職やキャリアについて考えてみようと思います。

P R

Copyright ©  -- 保育士の求人・転職・キャリアどうする? --  All Rights Reserved

忍者ブログ[PR]